ロトファイナル ロト6予想 |

ロトファイナル

ロトファイナル

2011.09.16 Fri

15:46:18








ロト6の当選数字を弾きだしているのは、「夢ロトくん」という
電動撹拌式遠心力型抽せん機だと言うことはご存知かと思います。

イメージとしてはビンゴゲームの抽選機を大きくしたようなものですが、
どちらかと言えばカジノのルーレットのような仕組みです。


43個の数字が書かれたボールを、1つ1つ重さに違いがないか
電子天秤で重さを確認し、その後ボールの直径を確認します。

抽選に使用するボールの直径が50mm(許容誤差±0.5mm)であることを確認したら、夢ロトくんにボールを落として抽選を行います。

抽選は夢ロトくんを55回転/分(パレット部:90回転/分)で回転させ、
遠心力によりボールを弾き出すことで抽選数字を弾きだしています。

一見難しそうな抽選を行なっているように見えますが、
要はルーレットのように回るボールが抽出されるという
凄くシンプルな方法で決定されていると言う事です。

つまりは非常にアナログな仕組みになっているという事です。


しかも、ボールの重さと直径は確認しても丸みの確認はしないとか、
直径の許容誤差が±0.5mmもあるとか、
微妙な点は無視して抽選されている為、必然的に「かたより」が生まれてくる・・・。

つまりは法則性や規則性が生まれてくるのです。


ここまでは大丈夫ですか?

ここから若干難しい話が出て来ますが、
非常に重要な部分なのでひとまずご覧になって下さい。


まず、ロト6に法則性や規則性が生まれてしまう理由と裏付けについては
ご説明したとおりですが、ここからはその法則についてお話しして行きます。

先程もご説明したとおり、ロト6の抽選は
非常にアナログな方法が取り入れられています。

その為、数字の出現パターンにかたよりが生まれてくるのですが、
そのパターンを考慮し、





等のデータから、様々な統計データを分析解明して行きます。


例えば、ロト6の数字の組み合わせは、

(43×42×41×40×39×38)÷(6×5×4×3×2×1) = 6096454

という目眩がしそうな数の組み合わせがあります。


この組み合わせに、調査から分かる出現パターンを当てはめて行きます。
例えばキャリーオーバー時の出現パターンは、



穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD

初心者からの筋トレ講座

損小利大&トレンドフォロースキャルピング TREND RIDE SCALPING

【女性】恋愛保険パック

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法

ビッグバン馬券投資法

ロトファイナル



これだけでも偏りが出ていることがご確認頂けるかと思います。

過去全ての出現パターン、1月や2月といった月別のパターン、
過去2ヶ月の数字のスライドパターン等等、

様々なパターンを当て込んでいくことで、
出現パターンを絞り込んでいくことが可能になります。

これらの分析結果は弊社の財産ですから、
ここではその全てを公開出来ませんが、
出現数字に偏りがある事だけはお分かり頂けたかと思います。

こういった出現パターンだけでも、
弊社で解析しているのは1万パターン以上にものぼります。


ここで注意が必要なのですが、
こういった分析データは弊社が調査を行なった
市販されているロト6予想ツールにも所所搭載されていました。

勿論弊社程膨大なパターン分析は搭載されていませんが・・・


とは言え、それでは何故完璧に再現出来ないのか?その理由は…

複数ある法則を独立して捉えているから。


そうです。

ロト6には出現パターン等の法則以外に
、各法則同士が関係してくる別の法則が存在していたのです!





例えばですが、出現パターンの1つに
「1桁台、10番台出現パターン」というものがあります。

これは、月毎に「1桁台、10番台」がどれだけ出現しやすいか分析したものですが、
これだけではただの統計数字です。
1月は12%、2月は33%・・・といった具合です。

これを年別に置き換えると、2000年は?2001年は??といった分析が可能です。
ここでようやく1つの出現パターンとしてのロジックになるのです。


ですがここに、まったく別の出現パターンを被せてみます。

例として「大阪抽選パターン」というものを被せてみましょう。
※ロトは基本的に東京の京橋で抽選が行われますが、年に数回か大阪でも抽選が行われます。





これは過去の大阪抽選の当選数字の一部を抜き出したものですが、
ここに「1桁台、10番台出現パターン」を被せてみます。

当選数字の合計48個のうち24個が「1桁台、10番台」となっています。
つまり50%の確率で出現していることになります。
更に20番台が25%、30番台と40番台が25%と、出現率が割り出せます。


ここに月毎と年毎の出現パターンロジックを被せると、
最大で83%の高確率で当選数字が弾き出されます。


いいですか?

こういった法則性や規則性の掛け合わせこそが、
ロト6を攻略する最大のポイントだったのです。

そして常に最新のデータを取り込み、既存のロジックを更新していく事で、初めて投資として成立する領域に達する事が出来るのです。


オススメ情報